女性から見た包茎

包茎に関して様々な情報を調べている人が多いでしょうが、他人や女性はどう思っているのでしょうか?今回はそのような他者から見た包茎に焦点を当てて調査をしていきたいと思います。

インターネットの普及により、本来は話題になりにくかったような股間の話。
特に大きい、小さい、包茎だとかそうでないとか、女性が集まるウェブサイトなどではそういった話題も普通に触れられるようになりました。
そうなるとセックスに関する意見交換や、彼氏のものがどうだとか、包茎がどうだとか、もちろん大きさや形、何が満足でそうではないのか?なんて会話が繰り広げられるようになりました。
女性の多くは、言葉として聞いたことはあるが、実際にものは見たことない。
また自分が普段見ている相手のものがどうなのか、よくわからないという人が多い印象でした。
筆者は男性ですが、女性の形に関しては特に興味がないですし、またそういった事が話題になっているような場所にも特に興味はありません。

あるとすれば例えば変なにおいがしたとか、何人かの見てきた女性、もしくは無修正のアダルトビデオなどで見たことのあるものと違うというのであれば今日見張るかもしれませんが、実際にセックスをするときに気になるかどうか、ということだけですからね。
そこまで気にする内容ではありません。
ですので女性はどうなのか?といえば、これも筆者の考えに近いかもしれません。
フェラをするときににおいが異常だったとか、小さすぎて入っているのがわからないレベルだったとか、もしくは包茎だろうがどうだろうが、セックスが普通にできて相手が困っていないし自分も気持ちいから気にしたこともないとか…。
そういった内容が踊っていました。

全体的に感じたことは、「包茎かどうか?」ということではなく、問題なく性生活ができて、かつにおいやその他、不潔な感じがなければ何ら問題がない、といいうことです。

実はこれって、保険適用となる包茎手術の出発点に似ています。
保険適用になる手術が必要な包茎は、包茎の中でも真正包茎と言われるタイプのものです。
これは包皮が向けないことにより細菌がたまってしまって疾病を引き起こす可能性がある場合だとか、排尿や射精に影響がある場合など、そういった場合は保険の適用の範囲で手術を受けることが可能になります。
切るわけですからほかの外科手術と同じように傷跡は残るかもしれませんが、男性器としての機能は問題なく機能するでしょうし、細菌やそれに起因する病気などの心配もその手術により改善されるでしょう。

話がそれましたが、こういったように、いろいろな意見はあるにせよ、包茎ということ自体にはあまり言及している人は少ない印象を受けました。